先日、石垣靖子先生の講演会にスタッフが参加させて頂きました。『いま、緩和ケアの本質について再考の時』深く頷いてしまうそのタイトル。⠀
 ⠀
大切な方が病と闘わなければなくなった時、ご家族は様々な情報収集をしながら、⠀
自分の心構えや寄り添い方を同時進行で考え進めて行かなければならない厳しさに直面します。その方の人生に関わってきた方達が、心配から発するたくさんのアドバイスに翻弄されたり、本人の意思と家族それぞれの想いに揺れ、へとへとになる…⠀
そんな中「訪問看護を選択する」という答えに辿り着いた方々をサポートする看護師はどうあるべきか。⠀
 ⠀
『患者さんは1人のかけがえのない存在として接してくれることを望んでいる』⠀
 ⠀
1人1人の違いを無視せず、受け止めた上での細やかなケアが、医療の質を上げる事を石垣先生の言葉から学び初心に戻るとても良い機会を頂きました。
IMG_6390